新たな挑戦

  • 2016.12.01 Thursday
  • 01:25


皆さん、こんばんは!
今日はどんどん冷えてきています。

写真は10月末に撮った今年最後のシュウメイギク。
雪の前にとっておいて良かった。寒さのためか、長く楽しむことが出来た。

思いがけないことは、人生の中ではよくあること。とんでもなく悲しいことも起きるけれど、喜びにつながることもある。だから、面白い。
今年の新たな挑戦は、牛肉を販売する、ということ。10月の加工場の許可更新に合わせて、精肉販売の許可を頂くことが出来た。
牛肉を売る?うちの?
だってね、放牧の牛なんて、かたくて食べられないよ。だから、加工する。美味しく食べられるように。
という気持ちが強かった。もちろん、私たちは美味しいな、と思って食べている。世の中のAクラスのお肉も食べたことがあるけれど、美味しいと思えるのは3口くらいまでで、あとは口の中が脂だらけになって、独特の匂いがまとわりつく感じ。
そうか、美味しいと思う基準が、私たちとは違うんだ、とずっと思ってきた。
でも、思いがけないことに、草しか食べていない、いわゆる穀物飼料を食べていない牛の肉が、グラスフェッド(横文字の違和感が〜!)の肉として支持されていることを知った。まさか!本当に?
そして、私たちはうちの牛の肉を売ろう!と思い立った。
やっていることはずっと変わらない。
『循環』と『持続』は大きなテーマ。出来るだけ、自然に即したあり方を大切に、豊かで美しい牧場を作りたい。少しくらいの社会の変化、動向にぐらつかない、自然の底力を信じて、頼っている。事実、東日本大震災の時、その強さが証明されたと感じている。農業の持つ、本来の強さを生かさなければ、といつも考える。
そもそも、牛は草食動物であり、その恵みは、人間が食べられない草を食べてくれて、乳を人間に分け与えてくれること。最後には、自分自身の肉体までも、肉や皮まで人間に与えてくれる。人間が食べることが出来る穀物を牛に与えるなんて、なんともったいないことだろう。
うちの牛の肉は、Aクラスの肉に比べれば確かにかたい。でも、美味しいのだ。肉そのものの旨さが確かにある。噛めば噛むほどに旨さがあふれる。肉がかたいとかいう食材の難点を、いかにカバーして美味しく食べるか、というのが料理の原点であり、醍醐味だと思う。だから、工夫してほしい。肉そのものは力強く、自然そのものなのだから。
あ、あとね、グラスフェッドの肉ではないけど、うちの経産牛の肉も美味しい。もちろん無農薬、無化学肥料の草地に放牧しているし、そこで採った乾草を食べて大きくなったメス牛。違うのは、農協の乳成分基準に合わせるために、米ぬかとビールの搾りかすとふすまとビートを搾乳の時に少し与えていること。その肉も美味しいの〜!それも少しずつ売るつもり。残りはソーセージに使う。

今はグラスフェッドの肉が流行しているから、いいね、なんて言われたりもするけれど、世の中で、グラスフェッドの肉の流行が終わっても、私たちは変わらずに売り続けると思う。
私たちのような牧場のあり方を許してくれる、理解してくれる人たちに支えてもらいながら。
とか言いつつ、肉、売れてほしい。うん。

今日も笑顔で。
ありがとうございます!

きくぼく 菊池暢子より

秋も終わりですねぇ

  • 2016.11.27 Sunday
  • 02:13


こんばんは!
久しぶりのブログです。
11月1日の雪には驚きました。
写真は少し前のもの。
この秋は……9月の長雨やいつまでも気温が高かった影響か、紅葉はあまりきれいじゃないな、と思っていたけれど、こうしてみると、なかなか、うん、きれい。自然って美しいな。
この秋も、栗拾いはやりました。
出かけるたびに、栗の木の下を通るのだけど、素通りすることはとても出来ない。
どうしても時間がなくて、ぶりぶりっと栗を踏みつけながら車を走らせることの罪悪感は半端ないのであった…。
今年のライバルは鳩だった。
いつもいた。しかも厚かましい彼らは、かなり近づかないと飛ばない。
素通りする時の悔しさは、このごろにしては珍しい激しい悔しさだった。(笑)
とった栗をそのまま茹でても、食べてくれる人はいなくて、せっせと皮をむいて栗ご飯にしたり、渋皮煮にしたり、栗のパウンドケーキにしたり。なんという贅沢なのだろう。
栗の皮をむく作業などは、経済活動として考えたら、なんて合わないものかと思う。今は、ビジネスとして成り立たないことは、無くなっていっても仕方ないような傾向にあると思っているけれど、それっておかしいぞ、と思う。むしろ、栗の皮をむいている時間がくれる幸せの中に、多くの『大切』が詰まっているように思う。さーて、何を作ろうか。大好きな人に、どうやって食べさせようか。誰にあげようか。そんなことを考えられる時間のなんと豊かなことか!
それに、一年にたった数回のチャンスに、栗仕事を重ねる経験は、何物にも代えがたいもの。目には見えないけど、確実に私の技術になり、自信になる。
一番の資産は人間なんだ、私自身なんだと思える事実につながることでもある。
だいたいにして、人は、幸せになるために生きているのだ。
世の中の経済を回すために生きているんじゃない。もちろん大切なことだけど、今は行き過ぎてる。
学校だってそうだ。
幸せになるために学ぶ。
人生を豊かにするために、音楽や美術も学ぶ。でも、大学に合格するために必要じゃないもの、すぐにお金につながらない学びは敬遠される世の中になりつつあるなんて貧しい。
どこかの誰かと競争するために学校があるんじゃないんだ。
と、そんなことを考えながらも栗の皮はむけていく。
有難い。

明日、いやもう今日か。
今日もいい日でありますように。
今日も笑顔で。

きくぼく 暢子より

秋の終わりに

  • 2015.11.02 Monday
  • 10:11


久しぶりのブログです。
もう、秋も終わりに近づいてきました。一度は雪もチラついて、冬がすぐそこまで来ていることを教えてくれました。
今年の紅葉はとても美しかった。
紅葉にピッタリの天候だったのでしょうね。遠くの山々、うちの周りの木々……ピカピカ輝いていて、いつまでも見ていたい景色なのでした。

さてさて、そんな中、昨日は『町分マルシェ』というイベントに出店してきました。
この手のイベントは、準備から後始末まで、普段の仕事に加わる負担が大きい割には売り上げに反映されないことが多く、今は夫婦2人だけだし、もうやらない、と決めていました。だから、最初は迷ったんです。でも、花巻市のフェアトレード&エコロジーのお店『おいものせなか』の店主の新田史実子さんからの強い、熱い勧めを受けて、やることにしたのです。
準備はやっぱり大変で、牛乳の加工を続けていたら、無理だったね、と夫と話しながら進めました。前日の夜からは姪っ子も手伝いに来てくれました。
そして、当日。
早朝出発のため、牛舎の仕事は夫一人。そして、姪っ子と私の2人で出発。順調に到着して、出店準備を進め、いよいよ開店!
どどどーっと流れ込む人、人、人…。
焦る慣れない2人…
慌てまくる2人…
とにかくたくさんの方が、来ていました。
町分マルシェには、カフェやパン屋さんなどの食べ物屋さんの他、アクセサリーや陶芸、カゴなどの手工芸の方、農家の方々など、様々な楽しいお店が並びました。残念ながら、そのほとんどを見ることは出来ませんでしたが、楽しそうな雰囲気はよく伝わってきました。
行って良かったです。
このごろのテーマは、『人の意見を受け入れる』
これまで、聞いてます、聴く耳は持ってます、とは言っても、素直に聞くことはなかったことに気づきました。
マルシェでたくさんの方々が買ってくださり、美味しいと言ってくださったことは、大きな励みになりました。
また、姪っ子の活躍にも驚かされました。ついこの前まで、かわいい学生だった姪っ子が、ずいぶんと大人になり、きちんと意見も持っていて、それも私がうんうん、と聞いてしまう、同じような価値観で、嬉しくなりました。こんな若者がいるならまだまだ日本も大丈夫、などという急に大きなことを思ってしまうくらい新鮮で楽しい喜びでした。
自分だけの発想ではないところに身を委ねるのは、怖いことでもあるのですが、チャレンジでもあり、希望でもあるのだと改めて考えさせられました。
今日も良い一日でありますように……。

きくぼく 暢子より

おひな様もおしまい

  • 2015.03.03 Tuesday
  • 23:47


こんばんは!
本当におひさしぶりのブログです。
アナログな私だけど、今年はブログ頑張ろうと思っていたのに、もう3月になってしまった。
少しずつ母屋を片付けていて見つけたひな人形。木彫りの、素朴なもの。もちろん新しくもないけれど、うちにはピッタリのもの。私には息子しかいないから、なんとなく、ひな人形には縁遠いけれど、今年は飾ってみました。

昨年夏の牛乳のことは、大きな経験となりました。皆さまには、ご迷惑とご心配をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。それでも、売り上げが変わることはなく、むしろ、お客さんたちに励まされ、なんと有り難かったことでしょう!
でも、私たちは大きな決断をしました。昨年の11月をもって、牛乳の加工・販売をお休みすることにしたのです。
以前から、夫婦2人での、これ以上の作業はキツい…と思っていました。年々、天候不順も多くなり、加工と配達の合間に採草や牛の仕事をすることが難しく、悩みの種でした。若いうちは、日中は外の仕事、夜遅くに加工、ということも出来たのですが、歳を取る一方の夫婦(笑) だんだん無理が出てくると感じていたのでした。
また、加工・販売は儲けの部分はほとんどない状態でしたので、経営全体を考える上でも、休むことは前向きな決断だと、自分に言い聞かせました。
でも、正直に言うと寂しいです。
うちの牛乳は、貴重な牛乳だと思っています。冬は無理ですが、春から秋は放牧。配合飼料は与えず、農協の乳価値観による成分ギリギリになるくらいのビートパルプ、米ぬか、ふすま、ビールかすを搾乳牛にのみ与えています。
何より、地元で飼っている牛の乳を地元で加工・販売・消費する、という農のあり方を実践していたということは、大きなことでした。
もっとも記憶にあるのは、東日本大震災の時です。あの時、スーパーから牛乳が消え、通電と共に、加工・販売を始めた我が家の牛乳がバカ売れしたのでした。(配達の他に、道の駅の産直施設でも販売してました!) うちの牛乳だけではなく、産直には思い思いの生産物が並び、小さな農家であっても、直接消費者とつながることが出来る産直、自分たちの手による『小さな流通』は、融通がきき、対応も早いと実感したのでした。
今の農業の強さは、海外生産物との価格競争に勝てるということばかりに視点がありますが、真の農の強さは、外からの力に左右されずに、自分の適性規模を把握しながら、自然と共にあるものだと思っています。逆に言えば、飼料も化学肥料も農薬も種も、すべて買わなければ成り立たない農業は弱い、ということです。
また、例えば、100頭の牛を一軒の農家で飼うより、20頭ずつ5軒の農家が飼って成り立つ農業でなければ、農村は衰退していく一方だろうな、とも思います。さらに、農村に、農産物の加工・保存技術を取り戻すことも、農村の再生には必要なものだと思っています。
だからと言って、大規模経営を頭から否定するつもりはありません。現在のシステムの中では必要だと思いますし、何より農家はみな、必死なのです。

次のブログがいつになるか、わかりませんが…出来れば、頑張って少しずつでも書き続けたいです!

今晩も笑顔で。
おやすみなさい。

きくぼく 暢子

その後

  • 2014.09.03 Wednesday
  • 23:33
先日の久しぶりのブログ。
内容が内容だけに、ご心配おかけしてしまったかもしれません。
ごめんなさい。
その後、をお知らせします。
20日夕方、保健所より規格基準に不適合と指摘を受けた牛乳ですが、21日、保健所による立ち入り検査を行われ、製造中の記録(殺菌温度自動記録・自主簡易検査結果)や、製造ラインについては問題がなかったこと、また、すでに19日にビン詰めをしてあった牛乳にも問題がなかったことなどから、考えられる原因は、ビンの洗浄不良や、洗ビン後の再汚染があったのではないか、ということになりました。
保健所のご指導に従い、出来うる限りの改善を行いました。また、色々と教えて頂き、とても勉強になりました。
今後、このようなことがないよう、より一層、衛生管理を徹底するよう努めます。
沢山の方から、励ましの言葉を頂き、ありがとうございました。
本当に嬉しかったです。

明日は木曜日。配達日。
頑張りまーす。

今夜も笑顔で。

きくぼく 暢子より

久しぶりのブログで…

  • 2014.08.20 Wednesday
  • 23:39
こんばんは。
久しぶりのブログで、こんな内容のお知らせをしなければならないことを、心よりお詫び申し上げます。

 本日、夕方、保健所から連絡がありました。18日に検査した、12日製造の(19日までの期限)牛乳から、基準値をこえた細菌数が検出された、とのことでした。
 すでに、期限が切れている製品で、店舗にはない製品ですし、個別配達のお客様もすでに消費されたと思われる製品ですが、もし、まだお手元にある方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、廃棄をお願いいたします。
 
 今回のことに伴いまして、原因が判明するまで、出荷はしないことに決めました。
 ご迷惑、ご心配をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。
 これから、原因究明に全力をあげて取り組み、今後、このようなことがないよう、心してまいります。

 取り急ぎ、ブログにて、お詫びを申し上げます。

菊池牧場
 

発売されましたー!

  • 2014.04.15 Tuesday
  • 11:07


皆さん、こんにちは!
ついに、12日に『週刊文春臨時増刊おいしいものは日本中から取り寄せる』が発売されました。
なんと、2ページ目に紹介されています。
それに先駆けて発売されていた週刊文春4月17日号には、約14年の間にお取り寄せコーナーに紹介されてきた、700近い商品の中から、選びに選んだ八品の中の一つとして、菊池牧場のソーセージが紹介されています。
なんと有り難いことでしょう。

褒められることに慣れていない私は、おいしいですね!と言われても、長い間、素直になれず、喜べない気持ちがいつもありました。
どうせ、世の中には、もっとおいしいものがあるよね。ううん、たとえうちよりおいしくなくても、商売上手な人はバンバン売って、儲けてるよ…。そんな風に思ってました。
しかーし、年齢のせいなのか、なんなのか、だんだん厚かましくなってきて、おいしいものはおいしいんだ!うちのソーセージは間違いなくおいしいんだ!と思えるようになってきました。
特に、多くの消費者が、原材料である肉よりも安い加工肉製品に簡単に手を出してしまう状況には、いつも考えさせられています。この状況に一石を投じる、という気持ちも持ちつつ、本当においしいソーセージを知って貰いたいと思っているのです。
長いお付き合いのお客様は、このおいしさでこの値段は安い、と言って下さいます。私にとっては十分お高い値段なのですが、私たちが決して裕福ではない(っていうか貧乏なんですけど)という現実を考えると、高くもないのかな?と思うようにもなりました。
お会いしたことのないお客様でも、長いお付き合いになり、お互いの家族の状況や日常の出来事などを伝えあえる、そんな関係は宝物です。
また、様々な社会状況に対しての考え方や想いが近いことも多く、たとえ遠くにあっても、生きていく同士であるとも思えます。
ソーセージを作ることで、また食べて頂くことで、このようにつながっていけるなんて、なんと嬉しい、素晴らしいことでしょうか!

全国の皆様に食べて頂くことに、臆することなく、感謝と愛をもってオススメします。
みんな、きくぼくのソーセージを食べよう!

今日も笑顔で!

きくぼく 暢子より
 

入学式を終えて

  • 2014.04.11 Friday
  • 17:04


皆さん、こんにちは。
またまたあっという間に4月になり…1月以来のブログです。
9・10日と、山形県は小国町叶水にある、基督教独立学園高等学校の入学式に行って来ました。
四男が入学したのです。
これで、息子たち4人とも、家から離れるのだなぁ~としみじみ…。
昨年、母が天に召され、思いがけず、初めて夫婦2人だけの生活になることが楽しみでした。
ところが!
隣町で働いていた長男が、「おっとうとおっかぁ2人じゃ寂しいだろ?」と、(答えは聞かずに!)戻って来ることに……。
しばらくは、元の職場とうちの仕事との二足のわらじ、になりますが、まぁ、とにかく帰って来ました。

でも、おかげさまで、ちょうど木曜日に当たっていた入学式も、配達日を変えることなく、長男に私の分をお願いすることが出来ました。
まぁ、いいことも、ある。

独立学園の入学式は、相変わらず、形式ばったものではなく、うまく言えないけど、肩の力が抜けた、でも静かで深いものでした。
新しい仲間、環境、すべてが初めてのことばかりの四男。極度の人見知りの彼にとってはかなりの緊張だろうなぁ。
でも、どれもこれも学び。
親は遠くで祈るばかりです。
せめて、なまくらな祈りにならないようにしたい、いや、せねばならぬのだ!
独立学園の素晴らしさは色々あるけれど、なんと言っても、私の心を惹きつけるのは、あそこが『真摯な祈りの場』であると感じることです。
キリスト教の信仰がどうとか、そういうことではなく(もちろんそれもある)、それは、どの国にも、どの宗教でも、あるいは、大自然の中にも、あるのかもしれない。いや、きっとある。
霊的なもの、聖なるもの、目には見えない大切な何かに心を傾ける人々の存在、態度。その深さや静けさ、厳しさ、可憐さ、美しさには心を打たれます。
私も近づきたい、といつも思っています。

ところで!
入学式で出会ったご父母の数名の方々に「ホームページ、やられてますよね!」と明るく声をかけられました!
独立学園の父母、というと、どちらかというとアナログ派が多いイメージ。携帯を持っていない、とか、テレビは見ない、とかいう方もいらっしゃる。だから、長男・次男の時は、私の方から、ホームページがあるんですよね!(暗にご注文を促してます)と語っても、そ~ですかぁ~……、という感じでした。
時代が変わった、ってこういうことね!
それで急に、真面目にブログやろっかなぁ~と色めき立った私です。
まぁ、いやらしい。
ちょうど、入学式の帰りの新幹線の中で読もうと買った『週刊文春4月17日号』をめくったら、うちのソーセージの写真が!
明日発売の週刊文春臨時増刊『おいしいものは日本中から取り寄せる』(定価680円)の紹介・宣伝の一部でした。(うちのソーセージも掲載されます)
売れると嬉しいなぁ、ウヒヒ♪
あ、本じゃなくて、ソーセージね。
今日も笑顔で!

きくぼく 暢子より

鳥のエサ台

  • 2014.01.28 Tuesday
  • 12:43


こんにちは!
皆さん、いつもありがとう。
写真はエサ台を見守るチャチャ。
若干、迷惑なんですけどねー。

鳥のエサ台は、鳥好きの四男が設置したもの。
小学生の時から、少しずつバージョンアップさせて、毎年、野鳥の観察?をしてきた息子。
中三になり、受験が終わって、高校の合格が決まったら、急にエサ台を撤去してしまった。
えー、なんでー?と思って聞いたら、山形に行くことが決まったんだから、もうエサはやれない…とのこと。
なーにも、今じゃなくてもー。
そんなに固く考えなくてもー。
と思った。息子には息子の思うところがあったんでしょう。
青春って、複雑!

しかーし!
冬休み最終日。
やっぱりエサ台やる!と突然言い出し、せっせと設置。
お母さんがエサやってよねー、だって。
飛び回る野鳥たちの影に耐えられなくなったんだねぇ。
息子よ、山形の小国の叶水にも野鳥はいるぞよ。
早速、来てくれたシジュウカラを眺めながら、四男の巣立ちの春を想うこの頃なのでした。

今日も笑顔で。

きくぼく 暢子より

次男の成人式

  • 2014.01.12 Sunday
  • 18:52
こんばんは!
今日は次男の成人式でした。
写真は今朝の加工場の窓。厳しい寒さならではの造形美です。
美しいものは、どこかしら厳しさをはらんでいますよね。

一年前は長男の成人式でした。
今年は時間を作って式にも出席してみました。
厳かな式の後、例年だと、有名人の講演会があったりするんだけど、今年は、実行委員会が組織され、その実行委員会による、思い出のスライドショーと、代表11人による、二十歳を迎えてのお話でした。
ためになるお話もいいけど、こうやって手作り風なのもいいもんだなぁ、と思いました。なんせ、成人を迎えたのは202人。そのうち成人式に出席したのは130人あまり…。かわいらしいもんじゃないですか!
お話してくれた11人の中で、2人が
「自分が10歳の時に思い描いていた二十歳はもっと大人でしっかりしていた…実際は…」ということを話していたんだけれど…。それって、昨日、ブログに書いた、20歳の頃に40歳を思い描いていた私と同じじゃないかっっっ!
全く成長してない自分をみつけましたよー。あー、私って、二十歳レベルだー…。

かわいらしい着物姿の息子の同級生たち。そして、少しオジサンに近づいた息子と友人たち。
いいもんだ、うんうん、いいもんだ、と嬉しくなった成人式でした。
懐かしいママたちに会えたことも嬉しかった。
今日はオール(徹夜) になるかも…と言いながら、約束のクラス会会場にと消えて行く息子を見送りました。
さ、早く帰って、ご飯食べよう!

今晩も笑顔で!

きくぼく 暢子より

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM