母のこと

  • 2013.05.06 Monday
  • 12:55
こんにちは!

5月になりましたね。
今日は、花巻にて卓球の大会があり、四男を連れて来た。
花巻は桜が満開で、岩手町よりも暖かく感じる。
残念ながら、試合は予選敗退。午後からは交流戦が始まった。花巻に大会で来るのはこれが最後かも知れない、そう考えると、長男の時から始まった卓球部の追っかけが、妙に懐かしく嬉しく思えて、しみじみする。
最後。
そう、これが最後なんだ。
今年は最後尽くしの年になる。

恐らく、母にとっても最後になるかも知れない沢山のことを、大切に大切にしなければいけない。私以上に、母自身がそう思っていることだろう。

母は、……ここで言う母とは、夫の母のこと。
私が尊敬する方の一人、桝本華子先生(故人。息子の高校の音楽教師だった。実際はそれ以上の存在だったけど。)が、『姑というと嫁の怨念がこびりついているように思うし、義母というと冷たくてさめた感じがする』ということを書いておられたけど、同感だ。
私にとって、母は母なのだ。

その母が、この冬、体調を崩していた。春先に詳しい検査をしてもらって、療養が必要であることがわかった。
母を岩手のターシャ・チューダーに、が目標だった私にとって、それは大きな衝撃だった。もちろん、母にとっても。
どうすれば母が気持ちよく過ごせるか、何が出来るか、ここ数日間はそればかり考えている。

外はまだ寒く、桜もまだ。でも、放牧が始まり、季節は確実に動いているんだ。
立ち止まったら澱むぞ、進め!進め!…自分に言い聞かせて日々を過ごす。

今日も笑顔で♪

きくぼく 暢子より
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM