母が逝きました。

  • 2013.07.13 Saturday
  • 09:45
こんにちは。
しばらくお休みしてました。

母が逝きました。
末期癌の宣告を受けてから56日目の、あまりに早いお別れだった。

宣告を受けた時には、すでに外科的治療は出来ないと言われた母は、緩和ケアを選択。
最期まで自宅で過ごしたいという希望通り、一度も入院することはなかった。

フランスから妹家族が休暇を取って来てくれて、母も私も勇気百倍!
悲しい筈の日常は、思いがけず楽しいものだった。笑い過ぎて、訪問看護師の方々に注意されるほどだった。
それは今でも良い思い出。
妹と私、過去には難しいことが多くて、頭を悩ませてばかりいたけど、離れて暮らしてからのお互いの歩みが、こんなにも2人を近づけてくれていたんだ、と感動した。

それは、母と私も同じ。母と私は姑と嫁。
どこまで行っても他人は他人なのだけど、20年以上、一緒に暮らし、良い時も悪い時も共に助け合い、支え合って過ごしてきた。
やっぱり家族なのだ。
母と私には、他の人にはわからない絆があると、いつも思っている。
だから、最期の日々、やっぱり私じゃなきゃ!と思うことがあるたび、嬉しくて悲しかった。
もうすぐ来るお別れが寂しくて辛くて。
でも、逝ってしまった。
悲しんでばかりもいられないけど、母屋に行くたびに、大きなため息をついてしまう。
あぁ、こんなにも私は母の子になっていたのだ、と。

悲しみを得て、人は真に優しさを得る…って誰かが言ってたけど、そうだといいな。

母が亡くなった6月18日は、母が敬愛するターシャ チューダーの命日でもある。偶然とは思えない一致に、大いなる力が働いたのだと思った。今ごろ、同じ命日の集まりで、おしゃべりでもしていることだろう、なーんて想像して、自分を慰めたりもする。

そうやって時間が流れていく…。

ありがとう、おかあちゃま。

今日も笑顔で!


きくぼく 暢子より

コメント
お電話しようと思ったのですが、電話番号が古かったらしくて。お母様旅立たれたのですね。中央病院でお会いしたとき、本当に美しかった。「宣告を受けた』と言っておられましたね。私の方も、夫に死なれたばかりで。
またいつかお訪ねしたいと思っています。
お花でも、と思いましたが、花屋さんよりきれいなお花があるはずだからと思います。
妹さんとの関係のこと、私にもわかります。義理の娘とのことなど、そっくりです。
なかなか夏になりませんね。
お元気で。 末盛千枝子
  • 末盛千枝子
  • 2013/07/27 11:42 AM
偶然このブログを見つけました。かれこれ35年前に隣のアクト牧場に2年おりました。今はシンガポールに永住しています。
菊池様の顔を思い出しました。
  • Tanaka Masao
  • 2014/01/03 12:32 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM