本格始動!

  • 2013.04.27 Saturday
  • 09:11


こんにちは!
あっという間に4月も終わりますね。

練習試合が始まり、三週目。いよいよ本格的に始まった感じ。
今日は、北松園中学校での練習試合。
四男にとって最後の一年。私にとっても義務教育が終わる最後の一年。最後尽くしの一年だ。

耳を澄ますと、絶えず聞こえる鳥の声。
明るい日差しと猫たちのサワサワした動きは春を感じさせるものだけど、放牧はまだ。
風は冷たい。
1劼らい離れた道路っぱたの水仙が少しずつ咲き始めた。
もう少し、もう少しで桜だ。

いつもは訳もなく浮かれまくる春なんだけど、今年はちょっと違う。理由はわかっている。
いずれ、話すことになると思うけど、今はまだ話せないなぁ。

桜を楽しみに。
忙しさを希望に。

今日も笑顔で!

きくぼく 暢子より

入学式を終えて

  • 2013.04.12 Friday
  • 19:09
入学式を終えて
こんばんはー。
4月に入り、世の中は春って感じだけど、今日は吹雪いて寒かったー。

9日~10日、三男の高校の入学式に行ってきました。
写真は新しくなった講堂と、パイプオルガン。
長男と次男も卒業した高校。基督教独立学園高等学校。
入学式前日の、校長先生との契約。
「君が自分を裏切って、自分を信じられなくなっても、私は君を信じる!」という力強い言葉に胸が震えた。この時代に、親以外に、こんなに真っ直ぐに、ハッキリと、向き合ってくれる大人がいるだろうか。いや、親でさえ、向き合うことが出来ない時代なのかもしれない。
正直、息子が羨ましい。

入学式には、パイプオルガンの美しい音にウットリして、涙あり、笑いありの一時間半。
その後の会食では、在校生のコーラス。スピーチ。あぁ、学園だなぁ。
手作りの食事も美味しくて、満足だった。
午後は先生方との懇談会。
保護者の自己紹介では、限られた時間ながら、これまでの家族の様子や自分の思いなど、普通、そこまでしゃべらんだろう!ということまで打ち明ける方々がおられて、涙が溢れることもしばしばだった。
司会の先生が、「ここはなぜか、心を開いてしまう所……」というようなことを初めにおっしゃっていたけど、本当にその通りなのだった。
様々な家庭で育ってきた、全国から集められた子どもたち。その親たちもまた、様々だ。
この出会いに感謝して、三年間交わりを深めていけたらと願っている。

次は6月の合同父母会。(父母会主催の全学年父母対象の父母会)
また山形に行くお楽しみが始まった!

今晩も明日も笑顔で♪

きくぼく 暢子より


見納め

  • 2013.03.31 Sunday
  • 13:53
DSC_0043.jpg
こんにちは!
お久しぶりです。
前回から、約1ヶ月。あっという間に3月最後の日になってしまった。

写真は、玄関のドアのガラスの氷模様。
少し前のだけど、たぶん、あの時が見納めだったんだなぁ。

あの地震とよっとちゃんの入院以来、今はこんなに元気だけど、来年もまた……ということの難しさを思う。
これで最後かもしれない、常にそう思うようになった。
今年中には、エンディングノートを用意しようと思っているし。

でも、決して悲観的じゃないよ♪
だからこそ、かな?毎日が本当に有り難く、嬉しく、楽しい。

今日は、四男の大会で花巻市東和町に来ている。
外は吹雪。
昨日の小春日和に比べたら、変わり過ぎちゃうの!コレ!って感じだ。
それも生きていればこそ。
今は桜が待ち遠しい!
緑の牧草地も。

皆さんもお元気でね。

今日も笑顔で。


きくぼく 暢子より

読み聞かせボランティア

  • 2013.03.02 Saturday
  • 22:25
DSC_0045.jpg
こんばんはー。

昨日は、今年度最後の読み聞かせボランティアの日だった。
最後ということで、いつもは低学年だけに3人の当番制で行っている読み聞かせを、全校生徒に向けてのペープサートにした。
私も知らなかったペープサート。
一緒に活動している地域住民である相原さんに教えてもらった。
簡単に言えば、紙で作った人形の劇だ。

3年前にもやった。その時の演目は『月とあざらし』だった。
今回はオリジナルで『なかよし家族のある一日』。
一方井の名所である、輪台城(南部信直公の生地)や一方井ダム、じっこ石・ばっこ石の伝説がある黒石温泉、そして小学校が出てくる単純なお話。
5人のボランティアたちで、忙しい合間をぬって準備してきた。と言ってもほとんどぶっつけ本番!
その完成度の低さと言ったら!もう!
でも、子供たちは喜んでくれたようだ。
良かった♪
写真は、終了後に、役場の広報の方と岩手日報の記者の方から取材を受けている代表の丹内さん。
読み聞かせを始めたきっかけは、当時の校長先生からの呼びかけ。そこに集まった仲間と細々と続けてきた。
この狭い一方井の中で悩んだり、困ったりしても大丈夫、世界は広いよ。今、立っているここがすべてじゃないよ。まだまだ広い、あなたが知らない世界があるんだよ。
そんなことを伝えたくて読んでいる。
まぁ〜伝わらないよね〜……。
でも、いいんだ。
本って楽しいな、そう思ってくれるだけで。

次は、春に向けての飾りつけだなぁ。

岩手日報の記事には、真剣に見つめる子供たちの写真があった。やはり、劇は見るにたえなかったか……(笑)

今晩も笑顔で。
おやすみなさい!

きくぼく 暢子より

歌の練習始まる

  • 2013.02.23 Saturday
  • 18:40
DSC_0037.jpg
こんばんはー。

今日も寒い一日だった。
空気がピーンと張りつめている。
確定申告が始まり、先日の配達日には、一方井地区の会場となっている公民館の駐車場は珍しく車が沢山止まっていた。
この時期は、農閑期ということもあり、様々な研修が計画されていたり、各団体の総会が開催されたりする。
学校も、一年のまとめの時期。
三男のクラスでは、卒業に向けての準備が始まっている。
その一つが、父母会長さんの声掛けで始まった歌の練習だ。
今年の卒業を祝う会で子供たちに贈る歌で、会長さんのセレクトにより、YUIの『fight』を歌う。
写真は、先週の練習風景。
一方井小学校も中学校も、一学年一クラス、良くも悪くも、9年間一緒だ。
長いと、保育所時代からのクラスメイトとなるから、14〜15年間一緒だ。
そのメンバーといよいよお別れ。
学校&子供という媒介が無くなると、いっきに付き合いが無くなるのは、長男と次男で経験済み。もちろん、町内にいるんだし、スーパーなんかで会えば挨拶はするし、仲良しのママさんとは、お付き合いはつづく。
でも、やっぱり、卒業は一つの大きな区切りなのだ。
いろんなことが、思い出される……。
嫌だったことも、楽しかったことも。
どれも無駄だったことはない。すべてが血となり肉となり、今の私たち家族を作っているんだろうと思う。
ありがとう、心から感謝。
新たな場所で、それぞれの子供たちがイキイキと過ごすことが出来ますように。
そんな願いを込めて歌う。
『♪頑張れ〜頑張れ〜♪命燃やして♪続く現実生きていく……♪』
YUIの歌のままに……。
寒い夜、ママさんたちと集まって歌う。
なんかいいね!
この時間を大切に過ごそうと思う。

今晩も笑顔で!

きくぼく 暢子より

寒さは続く……

  • 2013.02.22 Friday
  • 17:34
寒さは続く……
こんばんはー。
お久しぶりです。
電話問題でバタバタしているうちに、あっという間に2月も半ば過ぎ……。
日差しは明るくなったものの、寒さは厳しいこのごろだ。
昨日は配達日だったけど、どこもかしこも冷えていて、しょっちゅう開け閉めする車はなかなか暖まらない。
細かい乾いた雪が舞っていた。
そんな時は、道路も冷えているから、雪は溶けずに空をさまよう。
車が走った後には、雪が舞った通りの模様が残る。
まるで風の道。
道路に出来た波のあとみたいだ。
すごく美しくて、カメラにおさめたかったけど、いかんせんそこは道路。
次々に走り抜ける車のあとの雪の波形を見ながら、あ!また変わった! きれいだー。と一人楽しむだけ。


結局、我が家の電話は、すったもんだあったけど、ADSLにはならなかった。
Wi-Fiは一応できることにはなっているけど、すぐにエラーになる。
つまりは使い物にはならない。
こんな時は、山に暮らす不便さが、無性に悲しくなってしまう。
と同時に、だからここがいいんだ!と思う自分もいる。

春が待ち遠しい。

今晩も笑顔で!

きくぼく 暢子より

晴れたり曇ったり

  • 2013.02.02 Saturday
  • 09:26
DSC_0034.jpg
おはようございます!

今日は朝からぬるい風が吹いています。
気温が上がる予報だし、一気に雪が溶けるのかな。
雲がものすごい速さで動いています。
雨もちらついて、時々、眩しい日差しが、カーっと……。なんだか複雑な天気。

息子の部活の送りの途中、虹が!
なんでこんなに嬉しいんだろう。
あー、きれいだー。

今日も頑張ろう!
笑顔を大切に。

きくぼく 暢子より

よく降るねー

  • 2013.01.30 Wednesday
  • 14:30
よく降るねー
こんにちは!

今朝も積雪あり。
除雪車は5卆茲泙任靴来ていない中、子供たちを連れて登校だった。
ハンドルを取られながら、雪をこいでの運転だー。

昨年の3月、次男の卒業式に、山形まで運転して行った。
見事な除雪の山に感動しながら、雪質の違いを改めて感じた。
次男の同級生の一人が、妙高市出身で、その子のお父さんに「菊池さん、冬用のブレードですか?」と聞かれた。も、もちろん!
聞いたところによると、その方は冬用のブレード(ワイパー)は使ったことがないと言う。驚きだった。
つまり、妙高市あたりの雪は、あったかい雪なんだ。
あったかい雪って、おかしな話だけど。
しっとりしていて、まとわりつくような重い雪。
溶けやすい雪。
このへんの雪は、冷たくて、粉のように細かくて軽くて、降ったばかりだと雪ダルマは作れない。よって、除雪しても、雪が思うように固まらず、押しても戻ってしまうこともよくある。
ヒーターなんてない、屋根があるだけのブルドーザーに乗って、夫のよっとちゃんは敷地内を除雪。
窓から優雅に手を降る私。
この家の中で、唯一、優雅だわぁ〜と私がつぶやくひとときだ。

今日も笑顔で。

きくぼく 暢子より

試しに……

  • 2013.01.26 Saturday
  • 12:59
DSC_0024.jpg
こんにちは!

スマホにしてから、写真の設定がよくわからず、確認したらひどいことになってましたね。
ごめんなさい。

何日か前に撮った岩手山を、試しに送ってみます。
どうだろう。

盛岡側から見る岩手山ももちろんいいけど、岩手町から見る岩手山もなかなかだよねー。
では、またね。

きくぼく 暢子より

雪は降る降る…

  • 2013.01.26 Saturday
  • 12:16
DSC_0025.jpg
こんにちは!
寒い日が続いていますね。
風邪やインフルエンザも流行っているようです。
お陰様で、家族はみな元気です。

今朝はすでに雪が積もり、降ってもいましたが、四男を部活に送っていく途中、ちょっと晴れ間が……
私の好きな山道が、キラキラ輝いていました。
きれいだー。
美しいー。
これだもん、冬がキライになれない。

今日も寒いけど、笑顔で。


きくぼく 暢子より

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM